オールドイングランド道後山の手ホテル

ベストレート保証 宿泊プラン ご予約はこちら

宿泊プラン・ご予約

チェックイン
チェックアウト
ご利用人数/部屋
予約室数

道後温泉 元気に営業中!

 道 後 温 泉 本 館

伝説と神話と歴史を誇る日本最古の温泉と言われ、全国的にも有名な道後温泉のシンボル、道後温泉本館は明治27年に建てられた木造三層楼の建物です。

平成6年に建築物としての素晴らしさと保存状態の良さから国の重要文化財に指定され、今もなお、現役の公衆浴場として営業を続けています。

道後温泉正面

道後温泉本館の屋上にある赤いギヤマン窓の振鷺閣では、午前6時に6回、正午に12回、午後6時に6回太鼓を鳴らします。この「刻太鼓」は、「残したい日本の音風景100選」に選ばれています。

道後温泉南側

 

道後温泉の泉質はアルカリ単純温泉で、加水も加温もしていない源泉100%かけ流しです。「美人の湯」としても有名です。

道後温泉内湯

 

 飛 鳥 乃 湯 泉 (あすかのゆ)

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉は2017年に、飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋がコンセプトの「新湯」です。

飛鳥の湯小

小c04_041c04_088

小小c04_037

小c04_029

「太古の道後」をテーマに、道後温泉にまつわる伝説や物語などを「愛媛の伝統工芸」と「最先端アート」をコラボレーションした作品で演出しています。松山・道後でしか体験できない、感性を刺激する「新たな温泉文化を発信する拠点」です。

 

道後温泉 椿 の 湯

道後温泉 椿の湯は、椿をシンボルとした松山市民の「親しみの湯」として愛され、今でも生活には欠かすことのできない公衆浴場です。

c02_007

c02_013c02_017

 

松山・道後にお越しの際は、「道後温泉本館」、「飛鳥乃湯泉」、「椿の湯」 それぞれに趣の異なる魅力ある温泉を満喫してみて下さい。

 

詳しい情報は ↓ コチラをクリック!

728x90